2017年09月30日

10/8の、リハーサル

IMG_6955.JPG
昨日夜は10/8ライブのリハーサルでした。
審査員お二人がプレゼント演奏する際に後ろで叩かせて頂くのですが、この審査員二人が大先輩な訳で...
お二人とも、僕が専門学校に入学した時点で専門学校の先生でした。
この時点で二人とも大先輩なのが伝わると思います。
そして、プレゼント演奏の時センターに立つ先生の当時の肩書きは「エレキ科主任」でした。
でも、只のエレキ科のトップではなかったです。
バンドやライブに関わる事は全てまとめていらっしゃってました。
そう!エレキ科、ベース科、ドラム科、ボーカル科をまとめていた、ぶっとい柱のような先生です!

そんなすごい先生達と演奏できると、素直に喜べれば良いのですが

プレッシャーがね...

昨日はジャズスタンダードをブルーススタイルで演奏したりもして、楽しかったし、勉強になったし、プレッシャーで心臓には良くなかったね

ではまた♪


ドラムレッスンは
http://kosei-drumschool.com

ブログランキング参加中!
クリックして応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ
にほんブログ村

ドラムランキング

posted by 加藤 at 08:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

スティックの素材 その四


IMG_6940-1c351.JPG
本日紹介するのは、番外編と言ってもいいような、かなり珍しい木材「黒檀」です

黒檀のスティックなんて楽器屋さんに行っても、滅多にお目にかかることはないでしょう!

そんなスティックに滅多に使われない黒檀
どんな木なのかというと
「むっちゃ硬い」「むっちゃ高い」この2点がまずあがりますw

ギターのネックが反ると良くないです。だから硬い木材の黒檀を使用します。ただ、とても高価な木材の為、高級ギターのネックに使用したりするみたいです。
あとは、仏壇なんかも、長持ちしてほしい、ご先祖様を祀る大事な物ですから、黒檀を使用するケーススが多いみたいですね。

そんな高価な黒檀をスティックに使用するとお値段は.........







たしか1万5千円ぐらいでしたww

購入したのが8年ぐらい前なので、怪しい記憶でごめんなさい(>人<;)

なんだ、さんざん高級とか言っておいて、一万円とかかよ?と思ったあなた!感覚おかしくなってますよw
スティックですからね!普通千円前後で販売されているスティックが1万5千円ですよ!?
お値段約10倍です!!

そんな黒檀を何故スティックに使ったのか?
セレブだから?お金持ちアピールしたいから?
違いますw
黒檀の硬さだからこそ、細くても丈夫なスティックが作れます
IMG_6944.JPG
通常のスティックと比べると、やっぱり細いです。
さらに黒檀ならではの硬さを生かしてチップ(スティックの先端部分)を小さく作られています
IMG_6943.JPG
こんなにチップが小さいです

小さなチップ、細身のスティック、されど適度に重量はある感じ
この三点を生かし、繊細なコントロールを生む事ができる訳ですね

僕もオーケストラでスネアを担当する時によく使いました。

1万円以上したのでスネアしか叩きません。
シンバルなんて鉄やないか!?
絶対叩きませんww

ロックやポップスではまず使う事がない素材でしょう。
なので番外編です。
オーケストラで叩く機会のある方、一度試してみてはいかがでしょうか?




ドラムレッスンは
http://kosei-drumschool.com

ブログランキング参加中!
クリックして応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ
にほんブログ村

ドラムランキング
posted by 加藤 at 14:56| Comment(0) | スティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

午前中は主婦様タイム?

最近主婦の生徒さんが増えてきました。
やっぱり主婦の方はお子さんが学校から帰るまでが動きやすいのか、今日は午前中から主婦の生徒さんが連続でレッスンでした。

今日がまだ2回目の生徒さんだったり、バリバリRADWIMPS叩く主婦の生徒さんだったり、内容はバラバラですが、今日も楽しいレッスンでした♪

鶴間教室は火曜と木曜の朝10時半から
本厚木教室は月曜14時半からレッスン受付しています。


無料体験など詳しくは

http://kosei-drumschool.com

ブログランキング参加中!
クリックして応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ
にほんブログ村

ドラムランキング

posted by 加藤 at 18:21| Comment(0) | レッスン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする